学生5.0 を動画で見れる!公式Youtubeチャンネルもあるよ!

「高校生鮨職人」ゼロ高1期生、谷垣槙の挑戦とは!?

U25
この記事は約13分で読めます。

前回の取材ではゼロ高0期生の有馬拓希さんにゼロ高についてたくさん聞くことができました。
そのゼロ高の1期生になんと、「高校生鮨職人」がいるというウワサを耳にしたので、
今回は高校生で鮨職人を目指している谷垣槙さんを取材してきました!

今回は同じくゼロ高の0期生で先輩でもある有馬拓希が取材してきました!

〈聞き手:有馬拓希(学生5.0メディア編集長)〉
〈記事:田中凌暉(KeyBo副代表)〉

谷垣槙(たにがきしん)
17歳。ゼロ高1期生。
兵庫県に住在。
鮨(すし)職人を目指している。
回転寿司はくら寿司派。

 

おもろいからやる。それが「転機」になる。

有馬さん
有馬さん

最初は普通の高校に通ってたじゃないですか。
そこからゼロ高に入学しようと思ったきっかけってなんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

前の高校に入った瞬間に周りのみんなと関わってみて、「なんか違うなぁ」と思ったんですよ。

有馬さん
有馬さん

自分と合わない感じ?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。

有馬さん
有馬さん

それって結構ありますよね。

有馬さん
有馬さん

そこからどうやってゼロ高を知ったんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ネットサーフィンしてたときに見つけて。
おっ、おもろいのあるやん」って。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ゼロ高に入ったきっかけとかみんなよく聞くんやけど、
おもろいから入っただけで

有馬さん
有馬さん

たしかに僕も元ゼロ高生なんですけど、たしかにおもろいなっていうのもありましたね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

みんな理由を知りたがるけど、理由って最終的にはシンプルやん

有馬さん
有馬さん

入りたかったから入った、やりたかったからやった、みたいな。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。
なんでやりたいかって言われても、感覚的なものやからさ。
目の前に美味しそうな見たこと無い果物があって、うまいかマズいか分からんけどとりあえず食ってみよって。

有馬さん
有馬さん

なるほど!

谷垣槙さん
谷垣槙さん

それで、うまかったら続けるし、まずかったらやめるし、ってだけで。

 

有馬さん
有馬さん

ゼロ高に入るとき、親は許してくれました?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

どうやったかな〜。
多分僕が言ったところで聞かないっていうのは分かってるんで。

有馬さん
有馬さん

やんちゃものやな笑

谷垣槙さん
谷垣槙さん

言ったところで聞かないのは分かってるから笑
それで、ちゃんと高校卒業するならいいんじゃないって。

でも堀江さんも言ってたけど、「高校卒業」っていうワードが意外と親のストップを砕けるかなって。
40代50代の人に高校卒業しないって言ったら、何もさせてくれんと思う。

有馬さん
有馬さん

まちがいないですね。

有馬さん
有馬さん

ちゃんと理由さえあれば許してくれるし、1番は自分の子供にちゃんとした人生を送ってほしいなっていうのがあるんで。そこの部分で反対してくるのはありますね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

親の反対の内容も大抵は全然ロジカル(論理的)じゃないし。

有馬さん
有馬さん

たしかに、感情的というか。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

まだうちの地元は“どこの大学行った”とか自慢してるからね。
都会はある程度人もいて、周りに高校に行ってない友達もいるじゃない。

有馬さん
有馬さん

たしかに。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

でも田舎にはいないから。
周りの環境もあんまり良くないし、新しいものに触れるとなるとオンラインしかないし。
そういうところで育ったからこそ、「ここから出たい」っていうのがあったかも。

有馬さん
有馬さん

出れてよかったですね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ね。
体は地元におるけど、脳は地元にいないから笑。

有馬さん
有馬さん

いろんな考え方が知れたんじゃないですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。

 

とにかく挑戦しまくる。そしたら得るものも多くなる。

有馬さん
有馬さん

ゼロ高に入って最初にした活動は?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ゼロ高に入学して2時間後くらいに、今取材してくれているひろきくんが「平成最後の忘年会」っていうイベントの運営に誘ってくれて。

有馬さん
有馬さん

そうですね笑。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ノリと勢いでとりあえずやってみて、でなんか、調子乗ってリーダーもやってみて。“声を出してやってみた”とか“自分でやるって言ってみた”だとか、“知らない人と一緒にやってみる”っていう行動自体が、自分を成長させてくれるんじゃないかなと思って。まず最初はそこが大事だと思う。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

みんな最初は結果に執着しすぎやけど、結果はあとからの話で。
とりあえず動かないと

有馬さん
有馬さん

たしかに。

有馬さん
有馬さん

僕らも“動き始めてから磨いていく”のは意識していて。
例えばこのライブ放送でも、結果で言うと、配信とかもうまくいってないし、もしかしたら失敗と言われるのかもしれないけど、次に生かしていくのが大事やし、それを継続していく。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

たぶん10回くらいやったらうまくいってるよ。

有馬さん
有馬さん

慣れてくるしね。

有馬さん
有馬さん

最初にした活動、実際どうでしたか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

フットワークが軽くなった。

有馬さん
有馬さん

たしかに急にフッ軽になったよな。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。
その後にゼロ高のスクーリングがあって、そこで会ったゼロ高生の友達とヒッチハイクして。ジンバケイスケっていうママチャリで日本一周した子で。

有馬さん
有馬さん

楽しかった?
やっぱりいろいろな刺激をもらえたんちゃう?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ヒッチハイクはおもしろいな。

有馬さん
有馬さん

おすすめですよね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

本当に。
(自分の)殻が破れるね。
ちょっとでも何かを変えてみたいなら、1回やってみると1つの手段になるかもしれへん。移動費ゼロやし経験もできるし。人のありがたみも分かるしね。

有馬さん
有馬さん

ヒッチハイクやってる人の目ってイキイキしてますよね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

やりたいことやってるしね。

 

有馬さん
有馬さん

ゼロ高に入学してみて思ったことは?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

形がないし、具体的にどんなものか見えへんし、誰がおるのかなって感じ。そこに興味はなくて。おもろい人は勝手に出てくるんですよね。だからそういう人と会えたらいいなと思ってて。
自分がたくさん行動するようになってからは、面白い人と出会えるようになって。

ゼロ高オリジナルTシャツを着て並ぶ有馬拓希(左)と谷垣槙さん(右)

“今の”やりたいこと「鮨職人」

有馬さん
有馬さん

やりたいことをどうやって見つけましたか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そもそもやりたいことが勝手に出てくるのは欲求じゃないですか
やりたいことが何も無いとか、趣味も何も無いんですよねって人が理解できない。

有馬さん
有馬さん

ずっとやりたい事がでてくるって感じ?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そう、そんな感じ。
最初はまず好奇心からって感じ。

最初から好き、嫌いとか言う前に、とりあえず一歩を踏み出してみる
そしたらやっているうちに、好きだとか嫌いだとかがわかってくる。

好きなものしか続けれないから、本当に好きなものを見つける事からかな。

有馬さん
有馬さん

鮨職人になろうと思ったきっかけは?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

鮨職人になったのは、ゼロ高に入って「あ、これ絶対神戸とか大阪とか東京に行く機会が増えるやろうな」と思って、交通費稼ぐために地元の居酒屋でバイトをし始めて。そしたらめっちゃいい大将で。

そこで飲食に興味を持って、どうせやるならなにか面白いことしたいなと思っていて

有馬さん
有馬さん

そこから鮨職人になろうと思った…??
もしかして、堀江さんの本とか読んだんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。
堀江さんの「堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?」っていう本を読んで、すごい面白そうやなと思ったから、次の日から握ってみて。

有馬さん
有馬さん

すごいな。

谷垣槙さんが読んだ「堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?」
有馬さん
有馬さん

実際に鮨職人を目指すことになって
ゼロ高生とか周りの反響ってどうでした?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

「おもろいやん!」みたいな感じかな。
でも鮨はその前から握ってたから、「やるんやな」みたいな感じ。

大将に鮨を握らしてほしいって言ったときに、実際にお客さんに出したりして、すぐ実践できてたのが大きいかなって感じ。

有馬さん
有馬さん

やばいですね。
大将めっちゃ優しくないですかそれ??

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ほんとうに。

  

 

有馬さん
有馬さん

実際鮨職人になって初めての修行のときにめっちゃシャリを握れって言われてたじゃないですか。最終的に何巻くらい握ったんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

たしか600くらいまでは数えてたんやけど、もう数えんでいいやろって思ってずっと握ってたから…
だいたい居酒屋では1日120巻は握ってたから、1000はいってるんじゃないかな?
1000も握ったらシャリの感覚がわかってきますよ笑。

 

有馬さん
有馬さん

鮨職人を続けられている理由ってなんなんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

それは、飽きない方法を自分で見つけながらやっているからだと思います。

有馬さん
有馬さん

ああ〜。
新しいことを常に考えながらっていうことですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうですね。
鮨1つにこだわる理由もないしなと思って。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

飽きたら鮨やめるしね
飽きないように新しいことをし続けるっていうことが大事なのかなって思います。他の分野もやっているからこそ鮨も続けれる的な。

鮨の修行中の谷垣槙さん

みんなが気になる“すし”系の質問

有馬さん
有馬さん

「寿司」じゃなくて「鮨」なのはなんでなんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

あれは、だいたい高級すし屋は「鮨」っていう字を使うんですね。
だから使っているだけっていう。1文字っていうのがインパクトもあるし。

有馬さん
有馬さん

そうなんですね。

有馬さん
有馬さん

あと、好きなネタはなんですかっていう質問が来ていたんですけど。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

好きなネタ…!
カウンターで1人1万円とか2万円とかのところで食べてもらったら分かるんですけど、全部うまいんですよ

有馬さん
有馬さん

ははは笑。
そうなんですか。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

“1番”って選択肢が少ないからこそ決めれると思うんですよ
おもろいことがぶわーって頭の中にあったとして「どれが1番なんかなー」なんて決めれないんですよ。
可愛い人が目の前にどぅわーって並んでて、「だれが1番…」だなんて無理じゃないですか笑。

有馬さん
有馬さん

まあね笑。
谷垣槙ならではの意見ですね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

鮨もいっしょで。
マグロはこの部位がうまいとか、エビはこの部分が美味しいとかはあるけど。

回転寿司でいうなら“サーモン”ですね。

 

有馬さん
有馬さん

おすすめのすし屋はありますか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

おすすめはわからんけど、行ってみたいところは、東京なら“はっこく”、九州なら“照寿司”、あと、兵庫の“すし うえだ”ってところかな。

 

有馬さん
有馬さん

回転寿司のチェーン店ならどこがおすすめですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ぼくは“くら寿司”ですかね。
あの価格で寿司を楽しめるのはすごいし、寿司を楽しむ文化を作り上げれているのもすごいです。

 

くら寿司で食事を楽しむ谷垣槙さん

今だからできることを。

有馬さん
有馬さん

今新型コロナウイルスの影響でいろんなお店が閉まっているじゃないですか。結構飲食店ってキツいですよね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

ほんとにヤバいですよね。
田舎でダメージが出てるってことは、都会でダメージ出てても当たり前なんで。どこもギリギリか赤字じゃないですか。

有馬さん
有馬さん

ウーバーイーツ(UberEats)みたいな感じで
おスシーイーツとかやらないんですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

おスシーイーツはやらないかな…笑。
でも逆に他の分野もなんかおもろいことをやってもいいんちゃうかなって思ってる。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

実際家で前の鮨屋のレシピをもとに鮨を握ったりはするけど、他にも何かやっていいのちゃうかなって。他の違いを飲食じゃないとこから調べてみたりとか。ネットがあればすぐできることやし。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

違う分野を知るってことはやっぱり大事で。

有馬さん
有馬さん

それを本業に活かせますもんね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。
結果的に点と点がつながるっていう部分においては、そういうのは大事なんかなーって。

有馬さん
有馬さん

活動していく中でどんどんブラッシュアップされて、「あ、こことここが繋がるやん」って分かったときが一番楽しいですもんね。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそう。
僕もまだ自分が何が好きなのか分かってないんで。

有馬さん
有馬さん

“鮨職人になりたい”っていうのは、一応思っている感じですか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

えっと、、
あんまりこだわってはないんやけど。
たぶん“鮨職人になりたい”って聞いたらみんな店を構えてって考えると思うけど、自分はおもろいことをなんか違う方法でやりたいなと思ってて

有馬さん
有馬さん

はいはいはい。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

店舗持つってことは売上が必要で、売上が必要ってことは基本毎日営業で。だからどんどんブラックになるやん?
だから例えばレンタルキッチン借りて、6名くらいを短時間で2回転くらいとかでやるのもいいんかなって。

有馬さん
有馬さん

いろんな事ができる人でありたいって感じですよね?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

まあそうやね。

有馬さん
有馬さん

またそこらへん一緒にやりましょう。
なにかオンラインでできることもあれば。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

Tik Tokで「(鮨を握ってキメ顔で)いってらっしゃい!」っていうだけのチャンネルとかいいんじゃないですかね笑。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

今はイベントができないからこそ“実力を上げる時期”っていう風に振り切ってしまうのもいいのかなって。

有馬さん
有馬さん

間違いなく自分自身を磨くときですね。

有馬さん
有馬さん

これから鮨職人として、もしくは谷垣槙として挑戦していくことってありますか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

今宇宙が面白いなと思ってて、そこらへんの勉強をしたり調べたりしていて。もちろん鮨もやってて。あとは言語学習したりだとか。
コロナだからこそできること。時間確保された中でできることをやっていきたいなと。
今先が見えないからこそ、今すぐにでもできることをやれば、コロナが終わったときに成長できるんかなと思ってて

有馬さん
有馬さん

たしかに。
結局の所コロナって収まるって言われてるじゃないですか。
でも収まらないんじゃないかなとも思っていて。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

たぶんまた違うのが来るんじゃないかなとは思うけどね。
でもコロナのせいで1ヶ月もダラダラしていたらダメだし、とりあえず動かないとね。
コロナが終わってからあのときあんなことしてて良かったなって思える時間にしないと。

 

有馬さん
有馬さん

記事を見てくださる方は特に大学生や高校生が多いんですけど、何か伝えたいメッセージとかありますか?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

行動しましょう!しか言えないかな。
自分もまだまだこれからやし、そんな偉そうなことは言われへんねんやけど、行動したら周りに面白い人いるし、自分も頑張れるし。

有馬さん
有馬さん

行動に移すためにはどうすればいい?

谷垣槙さん
谷垣槙さん

なんやろう…

有馬さん
有馬さん

これは自分も取材されたときに聞かれたことなんやけど、やっぱり興味がある人にメッセージを送ってみたりとかかな。

谷垣槙さん
谷垣槙さん

そうそうそう。
興味ある人の情報を自分から取りに行くっていうこと。
あとはもうマインドの問題よな。
いかに自意識を捨てて失敗を恐れずに行けるかっていう。
本当にやりたいならね。

行動しないとこれからの未来は創っていけないです。

有馬さん
有馬さん

ありがとうございます。

谷垣槙さんありがとうございました!なかなか深い話を聞けて良かったです。

あとがき

今回はまさかの2連続でゼロ高生でしたね!
取材で谷垣さんに「過去の自分にアドバイスをするなら?」と聞いてみると、
自意識とプライドは捨てろ。」と言っていました。
ここまで読んでくれた方は「どうせ自分には無理だから」というのはもう言えませんよね。谷垣さんのように何でもいいから目の前のものに参加したりしてみましょう。
それが何かの“きっかけ”になるかもしれません。

さて、ここまで読んでくださった方へ。
この記事から今後活かせそうなことは見つかりましたか?
もし見つけれたことがあれば、この記事の下のシェアボタンから、
あなたが今後活かせそうなこと、素敵だなと思ったことなどを
ぜひシェアしてみてください!
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

5+

コメント

タイトルとURLをコピーしました