学生5.0 を動画で見れる!公式Youtubeチャンネルもあるよ!

「心の合鍵職人」コンセントカフェ村井さんに迫る!!

インタビュー
この記事は約15分で読めます。

いつもイベントでお世話になっている

コンセントカフェオーナー村井順一さんに突撃!!

心の合鍵の真相とはいったい何なのか・・・。

今回も学生5.0メディア編集長である有馬拓希が取材してきました。

人と人、人とモノを繋ぐ達人で、

大阪メトロ本町駅すぐにある

コンセントカフェのオーナーである。

社交的で明るく人脈も広い、何事にも挑戦し続ける強いハートの持ち主。

趣味は、お笑い・スポーツ・カフェ巡り。

コンセントカフェ スマホ・PC・タブレットの充電なら本町駅徒歩100歩の駅近

過去があるから今がある、コンセント村井の『出会い』とは

編集長・有馬
編集長・有馬

いきなりなんですけど、村井さんって過去にR1クランプリ出られてたですね!僕知らなかったです。

村井さん
村井さん

いきなりそんなところからくるw

編集長・有馬
編集長・有馬

あ、はいw

村井さん
村井さん

自分がどこまで喋れるのかなっていうのとか、大人になってそういう緊張する場面とかなかなか体験することがなかったから出場しててん。

編集長・有馬
編集長・有馬

そうだったんですね!!

村井さん
村井さん

それで出たんやけどやっぱり300人の前にぽつんと立って照明が当たると、ステージの上ってすんごい体感温度が高いんですよね、で、その空気にのまれてもうて、1年目はセリフ飛んでしもて2分なんかすぐ終わるっていう。。。

編集長・有馬
編集長・有馬

めっちゃ分かりますその気持ち。

村井さん
村井さん

その時は別の仕事してたんですけど、R1出てる人という肩書きだけであいつおもろいんちゃうの?ってなって。

編集長・有馬
編集長・有馬

はいはいはい

村井さん
村井さん

それをずっと仕事にも活かしていたというか、忘年会とかで一発芸やってよ!って言われると、アマチュアやから出し押しみせずやってましたね。

編集長・有馬
編集長・有馬

一回見てみたい。。。

村井さん
村井さん

そうしたらまぁまぁの人が顔を覚えてくださったりとか。

編集長・有馬
編集長・有馬

それでいろんな出会いがつながっているって感じなんですね今。

村井さん
村井さん

ほんともう…ええ振りするな、それがコンセントです!

幼少期と人生のターニングポイント

編集長・有馬
編集長・有馬

村井さんは幼少期どんな感じだったんですか?

村井さん
村井さん

実は幼稚園から大学まで引っ込み思案で人としゃべるのが苦手やったんです。

編集長・有馬
編集長・有馬

今だと全然想像できない!!そうやったんですか???

村井さん
村井さん

あんま言いにくいんですけど、治安があまりよくない地域に住んでて、そこの小学校に引っ込み思案の僕を入れてしまうと、こいつはどうかなってまうと親が判断して。

編集長・有馬
編集長・有馬

あ〜〜〜。

村井さん
村井さん

そういうのがあって幼稚園の園長さんと面接の練習して、小学校からお受験して私学行ってるんですよ。

編集長・有馬
編集長・有馬

あ、そうなんですね。

村井さん
村井さん

でも幼稚園の時に僕私学行きたいねーんっとかって言うてへんと思うねんけどねw

編集長・有馬
編集長・有馬

絶対言ってないですよねw

村井さん
村井さん

小中高エスカレーター式でそのまま上がったから受験戦争を知らずして急に大学受験するとやっぱり100失敗するよねっていうww。

編集長・有馬
編集長・有馬

確かに

村井さん
村井さん

ほんで受験失敗して大学に入ってって感じかな

編集長・有馬
編集長・有馬

親に私学の小学校行かせてもらっていなかったら全然違う人生歩んでいたかもしれないですよね。

村井さん
村井さん

全然ちゃうよね、もしかしたら今ここで喋ってないかもしれん、ほんまに内気な子やったからっていう感じかなぁ。

編集長・有馬
編集長・有馬

東映俳優養成所にも通われてたじゃないですか。俳優になりたかったからってところなんですか?実際。

村井さん
村井さん

夢追いたいというか憧れですよね。でも水に合わなくてすぐ辞めるっていう残念な結果にはなったんですけども、その時にオーディションとか受けたりとかもしてて、それでもハートが強くなるっていう。

編集長・有馬
編集長・有馬

ほんまにいろんな事されてる…

村井さん
村井さん

それはもうすべて親に感謝ですけどね。その時理解してやらせてもらえたっていうのは本当に感謝です。

編集長・有馬
編集長・有馬

そうですよね。親がやらせてくれないとやれないってところがありますよね。

村井さん
村井さん

もし理解してくれなかったらお前家出て行けってなるけど、実家で衣食住させてもらって、そういうのもあったからそれは今も感謝やなって思います。

編集長・有馬
編集長・有馬

村井さんの人生のターニングポイントっていつですか?

村井さん
村井さん

多分ターニングポイントって一人一人めっちゃあると思いますわ。それでいうと僕は小学校5年生の二学期の学力が人生でピークで、私学の小学校やったけど関学の中学校を受けたら受かるって言われてたんですね。

編集長・有馬
編集長・有馬

そうなんですね。

村井さん
村井さん

でもその時に野球もやってたから、そっちを一生懸命やってしもうて、関学いかんかったことが一つ目のターニングポイントかなぁ。

編集長・有馬
編集長・有馬

小学校結構、ターニングポイントありますよね。

村井さん
村井さん

まぁ大学受験失敗したのもそうやし、大学行きながら東映もちゃんと行ってたらまた人生違ってただろうし。

編集長・有馬
編集長・有馬

間違いない。

村井さん
村井さん

で、そこからかな。逆にいろんな経験したから、経験値が自分の引き出しの中に入って行って、それが今となってほんまに生きてる。

編集長・有馬
編集長・有馬

だからこそ人脈が多いしネタに困らないんですね。

コンセントカフェ開業までの挑戦と決意

編集長・有馬
編集長・有馬

カフェのオーナーになった挑戦と決意ってところで、コンセントカフェ開業までの決意だとか挑戦に対する思いとかってあったんですかね?

村井さん
村井さん

僕、出版社に勤めていた時があって、その業界で日本で一番売れてた雑誌やってん。だから営業とか無しでも売れていて、ほんまに脳みそつるんつるんになってしもうてん。

編集長・有馬
編集長・有馬

脳みそつるんつるんかぁ笑

村井さん
村井さん

次の仕事で空間装飾のディレクターに就いたとき、前とは逆で、自分で営業しないと売れないんよね。そこでまた、いろいろ芽生えて人と出会っていく中で、そういうこと言ってたらしいんですよ。コンセントカフェみたいなカフェをやりたいって。

編集長・有馬
編集長・有馬

そうなんですね。

村井さん
村井さん

そのあと法人格ではあるんですけれども、広告代理店を一人電通みたいな形でやらせてもらっていて、その時にまた人脈が増えてきたんですよね。

編集長・有馬
編集長・有馬

一人電通!!!

村井さん
村井さん

でも自宅兼事務所っていう自分の城を構えてない営業のスタイルやったんで、周りのクライアントさんからも、村井君って何してる人なん?何ができんの?って言われるんですね。、一人電通いうてるくらいやから何でもできちゃうねんけどねw

編集長・有馬
編集長・有馬

確かにww

村井さん
村井さん

できるんですって言うても、皆さんが「いやいやそんなことない」「全部できるって言うようなやつそんなやつ信用ならん」と…

編集長・有馬
編集長・有馬

あー、実績ないやろみたいな

村井さん
村井さん

ほんでまぁ自宅兼事務所やし、大阪市内で事務所構えたいなってところがあって、それで今の仕事と合わせたときに、それを一つにまとめて合わせたらカフェが出来上がってん。

編集長・有馬
編集長・有馬

あー、なるほど。

村井さん
村井さん

事務所構えるってなっても家賃だけが出ていくから、そこに収益性を持たせるためにカフェをやったってのもあるんだけどなぁ。

編集長・有馬
編集長・有馬

すごい面白いっすね!

村井さん
村井さん

今は実は喫茶店って言ってるねんけどwまぁそんな感じですね。後は、カフェっていうベースを作っといたら、そこにいろんな調味料を加えて混ぜていくだけやなって思って、それが今のコンセントカフェの形になってると思う。

編集長・有馬
編集長・有馬

自分にできることや自分に必要なことほんとにまとめてパってやった瞬間に出来上がったって感じですね。

村井さん
村井さん

実はカフェの語源を調べていくと、人の情報が集まる場っていう意味もあるんですよね。一旦そこに原点回帰じゃないけれどもコンセントカフェの思いは創業から変わっていません。

編集長・有馬
編集長・有馬

いやすごい、いい話が聞けた。

人と人、人とモノを繋ぐ『コンセント』への思い

編集長・有馬
編集長・有馬

村井さん自身が人と人、人とモノを繋ぐにあたってカフェだからこそ出会える人ってどんな人なのかなぁと。

村井さん
村井さん

ほんとに今はお客さんが人を呼んでくださるっていうような形があって、いろんな人と出会わせてもらってます。

編集長・有馬
編集長・有馬

素敵ですね!

村井さん
村井さん

そもそもコンセントカフェっていうのも、本当は別の名前やったんですよ!

編集長・有馬
編集長・有馬

そうなんですか!!!!!

村井さん
村井さん

ほんまにちゃうんすよww仲ええ三人組で飲んだ時に、この店こんな名前にしようと思うねんっていったら、一人に自己満ちゃいます?って言われて、もう一人には全然それ何がある店か分からへんやんって言われたんです。

編集長・有馬
編集長・有馬

はいはい

村井さん
村井さん

村井さんとこ何があんのよっていうような話になったわけ。ほんならもう涙流しながら、コンセントしかないカフェです!!!って友達に言うたの。

編集長・有馬
編集長・有馬

www

村井さん
村井さん

ほんなら、いいじゃんそれ、youコンセントカフェでいきなよってwwそんでほんまにコンセントカフェになりましたw

編集長・有馬
編集長・有馬

そんな決まり方やったんですねw

村井さん
村井さん

未だに僕はその人たちを名付け親、おとんとおかんって言うてますけどw

編集長・有馬
編集長・有馬

元々はちなみにどんな名前やったんですか?

村井さん
村井さん

それはもう恥ずかしくてよう言わへん。村井の村(ビレッジ)を入れてるとか絶対言わへんwww

編集長・有馬
編集長・有馬

www

村井さん
村井さん

コンセントカフェって名前が先に決まったんですけど、後付けとして実は充電だけじゃなくて、人も接続できるんですよ!とかっていうのがコンセントの意味なんですよね。

編集長・有馬
編集長・有馬

なるほど。

村井さん
村井さん

こんな愛してる店だからこそ、この今ご時世、向かい風あびて廃業に追い込まれる同業者たちがいる中でも、このコンセントカフェを死ぬ気で守ろうと思ってしっかり対策しながら営業しています。

編集長・有馬
編集長・有馬

いやぁ。苦しい時期ですけどお店守ってください。

村井さん
村井さん

たくさんの人が僕のこと繋いでくれるんですけど、その時ハードル上げてくるんですよ、だから僕は越えられるよう頑張ってますわ!!

編集長・有馬
編集長・有馬

実際ちなみにあの…名付け親の話されたんですけど、学生5.0の名付け親村井さんなの覚えてます?

村井さん
村井さん

覚えてるって言わなあかんやろそこw覚えてますよ!!

編集長・有馬
編集長・有馬

その名前が役に立って学生5.0でやらせてもらってるんですよねw

コンセントカフェ村井さんのいう『心の合鍵』とは

編集長・有馬
編集長・有馬

ラジオでも言われてた心の合鍵ってあるじゃないですか。心の合鍵にまつわる話とかあれば

村井さん
村井さん

装飾会社いた時から今もかわいがってもらってる某化粧品会社のTさんが僕に案件をふってくれた時に、クライアントの特徴を一つの文章だけやけど付け加えてくれたのが良かったと思って。

編集長・有馬
編集長・有馬

化粧会社のTさん(誰だかわかるような。。)

村井さん
村井さん

それがあったからこそ、僕はそのクライアントに対してアプローチの仕方を変えれたわけよ。関東から来てはる人やからちょっと関西のノリが通じへんくてね。

編集長・有馬
編集長・有馬

確かに関西のノリは通じへんかも。

村井さん
村井さん

その一言、文面を付け加えてくれたからこそ、あ、そういうパスの仕方があるんやって、再確認できて。

編集長・有馬
編集長・有馬

はいはい。

村井さん
村井さん

例えば声色やったりとか穏やかに話す人なのか、どういう人なのかってっていうのを、まず僕が聞くわけじゃん、で、この人はこういう喋り方すんねんなって分かるわけじゃん。例えば有馬君と喋ってて有馬君の特徴とかを僕が分かってる、それがもう言うたら心の合鍵を持ってるってことになるわけよね。

編集長・有馬
編集長・有馬

あー、そういうことなんですね!!

村井さん
村井さん

それをじゃあ今度は別の方に有馬君紹介するときに、有馬君のこういう情報持ってますよって、心の合鍵というか心のUSBみたいなもんやな。

編集長・有馬
編集長・有馬

心のUSBか。

村井さん
村井さん

繋げる人がこういう人生を歩んできて、今こういうことをやろうとしてるっていうのを分かったうえで繋げたほうが伝わりやすいじゃん。初対面でどうぞ喋ってくださいっていうよりは、僕(村井)っていう共通言語があることによって、一つの話題になって盛り上がるかもしれへん。

編集長・有馬
編集長・有馬

あーはいはい。

村井さん
村井さん

そうするとどんどんコンセントするのよ。繋げるときにそっと一言加えるってことを心の合鍵作らせてもろうてますっていうとるんですな。

編集長・有馬
編集長・有馬

心の合鍵の意味ってのをしっかり分かってない状況で、質問させてもらったんですけど、やっぱり相手にも鍵穴を用意してもらっとく、っていうのが大事だと思ってて。

村井さん
村井さん

もちろんそうやね。でも紹介する時ってさ、誰々紹介するわってなったときに、村井さんを通じて繋がれるんだってなった時点で多分ね、鍵穴の準備はできてるねん。紹介するときはその人その人に合わせてコンセントする感覚はあるのかな、僕そういう能力あるのかなって思う。

編集長・有馬
編集長・有馬

繋げるのうまいですもんねほんとに!!

村井さん
村井さん

僕もしかしたら、人の話を聞くのが得意なのかもしれない。

編集長・有馬
編集長・有馬

いつもそうなんですよ。村井さんがめっちゃ話してくれるってなかなかなくて。僕が結構話しているというか。

村井さん
村井さん

そうやねんな、僕結構インプットのタイプやねん。実際それを最終的に自分のフィルター通してコンセントっていうような形でアウトプットしてまんねん。

編集長・有馬
編集長・有馬

アウトプットの際にそれをコンセントするっていう形で使うのはいいですね!!

村井さん
村井さん

それが、習慣になっちゃってるってところかもしれへん…

未来志向と挑戦

編集長・有馬
編集長・有馬

実際これからどうなっていきたいって村井さんの思いとしてあったりします?村井さん自身がどうなっていきたいみたいな。

村井さん
村井さん

僕自身はやっぱり、ビジネスの地産地消がおこるようにしていきたいですね。そして最終的にコンセントカフェをFC展開したいわけですよね。

編集長・有馬
編集長・有馬

FC展開ですか?

村井さん
村井さん

厳しい状況にあるコンセントカフェをこのまま黙って見過ごして朽ち果てるのを見るのは絶対いややねん。

編集長・有馬
編集長・有馬

僕もいやです。。。

村井さん
村井さん

だから大阪にこんなとこあんねやって、こんなことやってるやつ、おんねんでっていうことをTwitterとかで宣伝してる。

編集長・有馬
編集長・有馬

結構宣伝されてるんですね!!!
では次に未来チケットとサロンについてお話いただきたいなって思います。まず、未来チケットについてお願いします。

村井さん
村井さん

てってれ~♪未来チケット~♪

編集長・有馬
編集長・有馬

あw準備されてたんですねw

村井さん
村井さん

今飲食店でよくある、先の売り上げを今売り上げてるっていうような考え方で、正直後でまた辛くなるんですけど、今をもう乗り切らないと、後もないわけだし今やっています。

村井さん
村井さん

皆さんがこのチケットを買って頂いたら、子ども弁当一食支援できたり、コロナの検査キットに寄付できるんですよ!!!!

編集長・有馬
編集長・有馬

なるほど!!

村井さん
村井さん

今、その他にも人つなぎの達人、コンセント村井があなたのお話を全力で聞かせていただきますっていうスナックコンセントもやっています。

編集長・有馬
編集長・有馬

めっちゃ宣伝してきますねwwでもすごいですね、めちゃいいですわ!!! オンラインサロンの説明もいいですか?

村井さん
村井さん

はい!オンラインサロンはコンセント村というサロンをやっています。

編集長・有馬
編集長・有馬

ほんまにいろいろなことをされてるんですね!!説明ありがとうございました。よかったら皆様もコンセントカフェ行ってみてください。

Q&A

編集長・有馬
編集長・有馬

これは副代表の田中からなんですけど何歳までカフェを続けられるんですか?

村井さん
村井さん

僕は常にここにいます、ここもずっと城っていいかたはあれですけど、みんながいて、そこを共有してもらった人がまた別のエリアでおんなじことをやりましょうというようなふうにしていきたいなと思っているのでここはもう本当に死んでも守ります。

編集長・有馬
編集長・有馬

死んでも守る…僕らもコンセントカフェ守ります。

村井さん
村井さん

ありがとうございます。

編集長・有馬
編集長・有馬

そういえば 1周年おめでとうございます!!

村井さん
村井さん

ありがとうございます 平成最後の日にオープンして、令和2年の4月30日をこの前迎えて、粛々と過ぎましたw!

編集長・有馬
編集長・有馬

さっき、人と人を繋ぐコンセントとかってのがあったんですが、その他で展開したいなって思っている思いだとかありますか?

村井さん
村井さん

創業時の思いがベースにあるので、そこはぶれるというかチェンジもすることもなく、今進めれてるなとは思ってます。

編集長・有馬
編集長・有馬

はいはい

村井さん
村井さん

新しい可能性をお客様みなさんが僕に教えてくれはって、それを僕が別の場所で提案できるっていう形になってきてるので、毎日がロボットのようにカスタマイズされる感じかな。フルモデルチェンジではなくで、ほんまにマイナーチェンジって感じ

編集長・有馬
編集長・有馬

なんか部品が付け加えられてってるみたいな

村井さん
村井さん

もうガッシャンガッシャンガッシャンガッシャンw

編集長・有馬
編集長・有馬

そろそろ重たくなって床が外れるんとちゃいます?

村井さん
村井さん

床抜けるかんじやんねwイナバ物置100人乗っても大丈夫って100人乗ったらえらいことなるw

編集長・有馬
編集長・有馬

www

記事を見ているみんなに向けて

編集長・有馬
編集長・有馬

記事を見てる皆さんはU25がターゲットなんですけど、一言お願いできませんか。

村井さん
村井さん

めちゃめちゃいろんなことしてほしいっす!ほんとにあなたたちの時代になるわけだから。我々の発想って四則演算、足して引いて掛けて割ってぐらいしか考えられへんわけ、この世の中はそれをベースに物事を作ってってるわけだけど、多分今の人たちって足して引いて掛けて割ってって発想じゃないと思うわけさ、そうなると全然新しいものが出てくると思うのでガンガン出してほしいな、おもろいこと考えて我々の世代に提案してください。

編集長・有馬
編集長・有馬

やりまくります、僕らもいろんな企画・・・

村井さん
村井さん

ほんまに新しいもん生んで!足す引く掛ける割るのはあかん!!そんなんしたらあかん!!死ぬまで勉強トライアンドエラーでいきましょう!!

編集長・有馬
編集長・有馬

ありがとうございます!ってことでコンセントカフェ村井さんに今回は来ていただきました!最後はコンセントで締めますか!!

村井さん
村井さん

ありがとうございます!

村井さん
村井さん

あなたのハートに…

編集長・有馬
編集長・有馬

コンセント!!!

村井さん
村井さん

コンセント!!!

あとがき

いかがでしたでしょうか!

村井さんのコンセントに対する思い、人と人が繋がることの大切さがひしひしと伝わってきました。

これからは、私たち若い世代が世の中を引っ張っていくことになります。いろいろなことを考え出し挑戦することで、よりよいもの・環境が生まれ、それを後代まで繋げていく…これも一種のコンセント、人と人との繋がりと言っていいのではないでしょうか。

失敗はだれでもします。だから恐れなくてもいい。大きなことが成し遂げられなくても、挑戦すること自体に十分価値がある。だから皆さんもなにかに挑戦してみてください。

さて、ここまで読んでくださった方へ。

この記事を読んで今後活かせそうなこと、また新たにやりたいことが見つかれば幸いです!!。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!

4+

コメント

タイトルとURLをコピーしました